お料理とヨガは一生もの

習い事をして、それが身についているのをふと今日の朝感じました。

長年やっている習い事は、気が付かない間に生活の一部となって

毎日を豊かにしてくれています。

私の場合はお料理とヨガなのですが、

お料理は、今わけあってほぼヴィーガンみたいな食生活してるのですが、

制約がある中でも基本を忠実においしく工夫する、

制約があるからあたらしい発想が生まれる、

みたいなのは、たたきこまれた基本(たとえば薄口のおしょうゆは最後に入れる、とか)があるから、

それをベースに独自に展開している感じがしてワクワクします。

そういう点で、料理はやらなきゃいけないから、じゃなくて、

クリエイティブな創作だと思います。

ヨガは、なにもすることがなかったらヨガしているというぐらい、

毎日のことすぎますが、

たまにしっかり準備してみっちりやりこむ、みたいな楽しみもあるし、

意図しないときに急にわかることがあったり、

適当に始めたのにすごく満足した日があったり、

「ふう〜っ」と息を吐くときの気持ち良さだったり、

「ヨガ」に付随する発見や楽しさが多いのがおもしろいです。

もちろんふつうにヨガの効果も享受していますが。

わたしって何を楽しみにしてるんだろう?と考えたとき、

ゆっくりと感覚を使って料理をする、

とか

時間無制限にヨガっていい日、

をたのしみにしてるな〜と思いました。

そういうのって、派手さはないけど

積み重ねないと楽しめない楽しみな気がして、

歳を取るっていいな、て思います!

つづきをよむ

メンズのハーパン

男性用の下着って、ゴムが太くてきついし、

ピチッとしたデザインも多くてなんだかかわいそう。

いつもいつも締めつけてるから、きついことにも気づいてなさそう。。

種類も少ないから、「とりあえず買いやすいもの」で

済ませている方多いのではないでしょうか。

でもでも、メンズだって締めつけていいことなんてひとつもないはず!

とてもリクエストの多かったPuntoeのメンズアイテム。

様々な方に1年弱かけてモニタリングしつつ、

ついに完成しました!

トランクスとしてもはけるし、

1枚でハーフパンツとしても履ける、シルクのゆるっとふわっとしたパンツ。

なぜ1枚ではけるか?

それは内側にサニタリーショーツのような内クロッチがついていて、

付かず離れずサポートしてくれるから。

また、男性はきっと「手洗い」などする方は珍しいでしょうから、

お洗濯可能なストレッチサテンを身生地に採用しました。

お洗濯してもシワになりにくく、

少し伸びることで耐久性も高い素材です。

自分のはともかくパートナーの分まで手洗いなんてむり!なのはもっともなので、

気軽に使っていただけたらなと思います。

サイズ感はゆったりしているので、身長でサイズを選んでいただいて、

調節できるゴムでお好みのサイズにしていただけたらと思います。

XLはかなりおなかのでた方でも大丈夫でした!

ちなみに私はLサイズをヘビーに愛用しています。

タップパンツだと露出多いな、という時もこれがちょうどよいのです。

内クロッチがおなかの冷えも守ってくれて意外な効果も。

すでに内部で「パートナーにプレゼントしたい」方多数で、

数は少なめです。

プレゼントに、自分用に、はたまた共用で。

メンズのPuntoeぜひおためしください⭐️

リラックスハーフパンツ

14,000円(税抜)

*予約商品なので7月上旬のお届けとなります。

つづきをよむ

ニュアラの「ふわふわシルクマスク」

お顔につけるものなので、

とにかくつけ心地がやさしいものを。

ということで作った、つけ心地最高のマスク。

紙のマスクはガサガサして着けられない私でも、

毎日愛用しています。

シルク100%のやわらかな糸で編み立てた、

縫い目のない雲のような仕上がりです。

暑くなってきたら、マスクの中が汗でじっとり、

だと余計に雑菌が繁殖しそうですが、

このマスクは暑くない上に、

ほっこり守られてる感がすごくて、

いろいろちょうどいいのではと感じてます。

コロナ騒動真っ只中の時より、

紫外線が強くなってきた今、

日除けとしてとにかく愛用しています。

とはいえ、

緊急事態宣言が解除されてから、

人の多い場所も増えたし、

マスクがないと入れない場所もあって、

持ち歩くのはすでにマナーのような感じですよね。。

せっかくなら、

気持ちよくてかわいい、

お肌にもやさしいものを。

ニュアラ染めでわたしが染めた、

愛情印入りです!

ニュアラ:シルク100%の「ふわふわシルクマスク」

ニュアラ:シルク100%の「ふわふわシルクマスク」

 商品ページへ

つづきをよむ

ていねいな料理

先日、ひとり時間をぶらぶら楽しくしているときに、

伊勢丹の「不二乃」さんでお昼からおとうふ料理のコースをいただきました。

(よくスーパーで見る「藤野」さんと同じお店って知ってました??)

お昼から大吟醸とお豆腐なんて普段はチョイスしないのですが、

たまにちゃんと仕事してあるお料理をいただくのはとてもいいですね〜

お吸い物にはいってるおとうふでさえ、

いちいち角がきれいで美しいし、

小茄子の切り込みの狭く均一な幅や、

ヘタのぐるりの始末など、

自分だとついついおろそかにしてしまうところが、

とても豊かな気持ちにさせてくれるものだと知りました。

ていねいさって普段からやってないとできないと思います。

そうしてゆっくりじんわりお食事をいただいた後は、

外の大階段のエスカレーターについた雨粒さえとっても可愛く見えて、

スイッチがはいったな!って思いました。

感謝!!

つづきをよむ

夜中に起きて

きのうは晩ご飯のあと急激にだるくなって、

9時前に就寝。

1時に起床して、そこから本を読んだり、目的のないネットサーフィン(なつかしい)をしたり、

手紙を書いたりして楽しい夜中時間だった。

中学生〜高校生のころは、

そういえば夜20時〜12時まで寝て、

そのあと好きなことをする生活習慣だったことを思い出した。

今、何時に寝なきゃ、とか起きなきゃ、がとくにないのに、

いつも決まった時間帯で生活してるのはなんでだっただろう・・・?

はて・・・?

すきなときに起きて、寝て、ってやった方が、

なんにでもワクワク感が高いんだなと思ったので、

そうしてみようかなあ。

夜中に仕事がガーーーーっとはかどる興奮と静寂の時間はなににも変えがたいし!

止まらない漫画読みの充実感も。

時間が伸び縮みしてる気がする。

朝早い時間も大好き。

嫌いな時間は13時〜16時かなあ。

その時間を睡眠にあててみる来週を試してみよう。

実際、今も超早起きなので6時〜19時ぐらい仕事してるし、

だるくなるのも当たり前なのかも。

眼精疲労がやばい。
(ヤーマンのメディリフトアイが最高の癒し)

社内会議だけ滞りなくできればOKとしてみよう。

多分、来週は夜中に縫い物WEEKになりそうだ!

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.

© rutile All Rights Reserved.