ボディケア オイル編

食べ物やコスメ、ボディケアなど、

わりとこだわりがあるからか、
よくおすすめを聞かれます。

お天気の安定しない低気圧の日は、

ゆっくりお風呂に入ってストレッチしたりマッサージするのが至福なので、

ご紹介しますね〜〜

おすすめマッサージオイル

九鬼 太白ごま油

お料理で使うごま油のような香りはない、透明に近いごま油。
使う前に100度に熱する下処理をすることで、浸透しやすくなる。
アーユルヴェーダを受けるときに使われるのがこれで、
一度にひとびんぐらいは使うと思う。
ふだんのマッサージでもたっぷり使えるのがみりょく。
頭皮から耳から足の先まで、思う存分マッサージしてから湯船に浸かるととてもすっきり!
体中の管にたまった老廃物が染み込んだ油によってながされるらしい。

2 ヴェルトゥーのボディオイル

精油の入ったオイルは数あれど、ここの調合はみごとなもの。
小さいサイズで何種類か常備しておいて、
気分に合うものを香りで選んで使ってます。
香りがいいだけでなく、精神にひびく不思議な力がある感じ。

3 インティメール バーシングオイル

デリケートゾーン用のオイル。ほかのところと同じオイルを使うのもな、と使い始めましたが、
やめられなくなる何かがあります。
ちょっとめんどうと思う時もこのオイルならしよっかなと思える。
かすかな香りもほかにない感じで鼻が求めてくる感じ。
膣ケアすると、顔のお肌の調子もよくなる。

4 O2クラフト

スポーツやってる友人のおすすめで使い始めた、高濃度の酸素が入ったオイル。
リラックスとかじゃなく、どうしようもなく肩がこった、とか首が痛い、とかに効く気がする。
お値段高めでジャバジャバ使えないけど、早く使わないと酸素がなくなるかも!

番外編 ラズベリーシードオイル

自然のオイルだけども、SPF20以上。
メイクしない日や、首や手に活躍!
紫外線の強い日はこれの上にメークしたら、
オーガニックコスメの低めSPFにも足し算されて安心。
化粧品使いたくない人にもおすすめの穴場的アイテム!
オーガニック。

つづきをよむ

アードベック

お気に入りのバーやごはんやさんがどんどん閉店。

いけるうちに好きなとこには行っとこうと思う。

コロナ自体は個人的にはそれほど恐れてない。

理由は、

死者や感染者の数字があやふや

あってたとしても、ほかの病気に比べて大したことない

メディアの煽りで恐怖感を必要以上にかき立てられてる感

個人的に信頼できる医療関係者みんなにインタビューしたら、
感染しても、実際に亡くなるのはほんとうに僅か。
それは70代以上がほとんど
対応が大きすぎることに違和感、と言う

ほかの国の動向が報道とちがうのでは

などなど。

「うつしたらやばい」という罪悪感を持たせてくるのも、
これの特徴でいちばんやなところ。
「白い目でみられる」とかと同様の。
感染者がでたおうちとか大変だろうなー

うつしたらやばいから、
人に迷惑をかけない範囲で、
とか、ウイルスがあることは本当だから大事だけど、
受け身の情報を鵜呑みにしないで
情報を得て、考えて、選んだほうがいいと思う。

自分なりの答えをもっておかないと、
流されるだけ流される、という意味の危機感はあります。

そのうち、ワクチン打ってない人は悪、とか
打ってる人と打ってない人わかるようにしよう、とか
もしもなったらおそろしや〜〜

元の世界に早く戻りますように、とは全然思わないけど、

すてきなお店までバンバンなくなるのは本当に残念。

あたらしい世界ではプロの店しか残らないからそれも楽しみ!
とは言ってくれてたから、
楽しみにしておくか〜

つづきをよむ

すてきな女性

昔ヨガをやりこんでいたとき、

タミサのYOKO先生に教えてもらってました。

今から13年ぐらい前かな?

丸太町のデザインホテルの屋上で、少人数のクラスが印象的。

そのYOKO先生は、とにかく「慈悲」「美」を感じる憧れの女性。

微笑まれるとキラキラがあたりに舞うような感じで、

声がすごくかわいくて、

お子さんが4人もいて、

でも疲れた感じはぜんぜんなくて、

しかも敏腕経営者(おそらく)。

ヨガスタジオをはじめたはしりでもある先見の明とセンス、知性も感じるし、

話すと、話以上の何かが伝わってくる不思議な感じ。

そのYOKO先生に10年ぶりぐらいにばったり会った。

あいかわらず目からキラキラが出ててキュ〜ンとあがったのと、

覚えてくれてたことにとてもうれしくてルンルンなきもちになった。

普通なら話すこともできないけど、

そうやってすてきな人に直接何かを教えてもらう場所があるのはすごく尊いことだと思う。

今、コロナでヨガスタジオは閉めてるみたいだけど、

また開けることがあればぜったいに行こう!!

って思いました。

ルンルン!

つづきをよむ

4月3日の朝に見たビジョン

なんだか唐突に、「未来」なのか「希望」なのか、

イメージが映像のように鮮明に浮かんできたので、急いでメモしました。

「ニュアラ」の見ている世界はこれです。

ーーーーーー

お花畑でわー!!!!って歓喜してる

そしてそれを摘みまくる

籠の中にいっぱい

かわいい蜂もブンブン

お花は、たいせつに眺めてから乾燥させる

命をいただいて色に変える

色が好き

お花畑がいたるところにある

それが暮らしの一部

着るものも見るもの、インテリアにもお花を感じる

うつくしくゆらゆらと揺れるカーテン

目に入る、自分が今着てる服

たくさんの色から選ぶランジェリー

ひとつひとつじぶんなりの思い出がある

終わりがあるから大切に思える

そのときだけの色

花はいつか褪せる

その時はまた違う色を染める

季節をたのしむ

その生活のサイクルはとても優雅で、
その仕事は作業ではなくたのしみである

食べられるお花もある

晴れててさわやかで光がきらきらしている

そうやって整えた家で、男や動物とゆったりと暮らす

野菜も育てる。世話をするのがたのしい。

毎日今、食べたいものをもぎ取る

ゆっくりていねいに料理して、

自分で作ったおさけ、お茶もたのしむ

食後はハープをひく

ゆったりとしたワンピース

女のひとのうつくしさ

みんな自分なりのワンピースを着ていて
家はちがうけどいっしょに生活している

共有の感覚

つながっている感じ

小さな川を中心に生活している

つづきをよむ

ニュアラ

Puntoeからあたらしくできた、
「ニュアラ」が完成間近。

・ニュアラを考えたきっかけ

自然の醸し出す色の心地よさを製品化したいと思った。

すぐに染まるこの染色法は世の中に出すべきと思った。

未染色の気持ちよさと、染めることの楽しさを広めたいと思った。

大した設備や知識も必要なく、
自分の好きな配分で色をつくり、好きな時に染めたいものを染めれることに自由を感じた。

ニュアラ

ニュアラ

ホームページ、インスタなど出来上がったらお知らせします。

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.

© rutile All Rights Reserved.