最近のおしごと

5月、いろいろバタバタしていて全然日刊できませんでした。

反省。

何も覚えてない・・・

最近は、古いお客様からのメンテナンスや修理、

プレゼント用のオーダーの製作をしていました。

ひさしぶりに戻ってきたアクセサリーを見ると、

お客さまのお顔、販売したときのことを思い出します。

忘れていた記憶が新鮮に蘇ってくる、

たのしいひとときです。

販売員まかせにせず、売り場に立ってたおまけですかね。

プレゼントのお手伝いは、

相手の方のお写真や生活スタイル、好きなお洋服の感じなどをお聞きして、ご予算に応じて
全部おまかせでやらせていただくことが多いです。

売っているものをプレゼントされるのももちろんうれしいですが、自分のためにわざわざオーダーしてくれたとなると、
ひと手間かけてくれたことをうれしく感じると思います。

お友だちへ、とかだと10000円ぐらいのご予算が多く、
ルースのストーンをいちからオーダー、より
大分気軽にできます。

わたしも喜ばせるのが好きなタチなので、
サービスしがちではありますが、
作っててウキウキ感高いです。

今のアトリエは、
机の前の窓を開けると京都の西の山々と空しか見えない、
すてきなビューで、風の通りもとってもきもちいいです。
早朝、起きて1番にこの仕事をするのを気に入っています。
朝メシ前の冴え冴えですね。

徐々に、制作ベースの環境を整えるぞ、な令和元年です。

ささ、バーベキューにいってきます!

つづきをよむ

製作中のリング

スクエアのファセットカットがよく合っている、
アメトリンのリング(になるもの)。

今週末にでも仕上げる予定。

枠もしっかりつくったし、
あとは軽く磨いて石留めするだけ。

この状態のものがいっぱい溜まってくるのがワクワクして好きです。

もうすぐ成人、な乙女がたくさん控えているようで、、

石にも本体にも付いている、

下側の赤い点は、向きがわかるようにマジックでつけた印。

石に合わせて枠を作るので、

向きが違うと微妙に入らないのです。

スクエアカットはとっても難易度高いので、

作業の8割が微調整。

なかなかの製作時間です。

薄い紫とイエローがグラデーションする、

最高の四角い世界ができあがりますよ〜

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.