お花見

京都の中心街・木屋町高瀬川沿いは、
夜桜がライトアップされていて、
街ならではの浮世離れ感がとってもすてきです。

灯篭の柄も、さくらももこ先生をキリっとさせたような、

なんともいえない良い絵です。

もう15年以上京都に住んでいますが、

お花見は毎年5回は行くし、80回はしたのかな。

わたし的お花見スポットランキングお教えします。

5 円山公園(ザ、な賑わい具合。お化け屋敷がいい!宴席あり)

4 祇園・新橋の赤い傘の下(風の通りのせいなのか、花吹雪がうららかなピンポントスポット。地べた+持ち込み)

3 平野神社(花天井と庭園。宴席にて七輪で焼肉できます)

2 鴨川・荒神口と丸太町の間(東側)(今年からランクイン。桜が顔のすぐ近くで見られる見上げなくていいお花見)

1 原谷苑(視界がピンクの桃源郷。山吹や雪柳などほかの花とのマッチングも最高!こっそり持ち込み)

原谷苑はしだれなので、4月中旬以降が見頃です。

美しいこの時期、せいいっぱい楽しみたいです。

つづきをよむ

4月

昨日の朝、
窓からの光もきらきらしていて、空気もいつもよりおいしい、
なにより、低血圧で寝起きの悪いわたしが起きた瞬間から起き上がれる、
という、
清々しい目覚めを体験しました。

下の階に降りて、ついていたテレビを見ると
あたらしい年号の話題。

ああ、そうかと、いままでの時代が終わったのを感じました。

なにがどう、という具体的な事柄を挙げられなくても、

はっきりと今までと違う感じがします。

みなさんもそうでしたか?

これからもこんなかんじで、

目に見えない変化が気づかない間に進んでいくんだろうなと思います。

わたしの感覚としては、

すっきりした! 待ってた!気持ちがいい、という感じで、

これからをさらにワクワク生きられる予感でいっぱいです。

仕事、恋愛、住むところ、美しいもの、交友関係、全部においてそうですが、

rutileで言うと、もっと自由に、気楽に、今までの3倍ぐらいやっていこうって思います。

気楽に手を動かすことが大事だな。

意気込むと楽しくないし。

3/30、/31の展示会では、久しぶりの新作もたくさん売れたし、

お客さまも覚えていてくれたし、すごくうれしかったです。

手に入れて、着けて、気分が楽しくなるようなものを

このあたらしい感覚と気持ちで作りますよ〜〜!

アトリエの整理とおそうじからはじめますかね!

これからもよろしくおねがいします。

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.