厄祓いに、
母の実家である鹿児島県の霧島神宮にきています。
(写真は母)

いつもここでお願いしているせいか、

三十代、とくに厄を感じたことはありません。

地元である伊勢神宮と似ているのですが、
へー、と思ったので霧島神宮のまめちしきをひとつ。

伊勢神宮の神さまであるアマテラス大御神の孫である、

ニニギノミコトが、祖母の命をうけて三種の神器と稲穂をもって
高千穂の山頂につるぎをさしたそう。

そこに建てられたのが霧島神宮でしたが、

山が噴火したため今の場所に遷宮したそうです。

祀られているのはニニギノミコトとその妻など。

健康、商売繁盛、恋愛などなんでも聞いてくれるとのこと。

厄祓いのあとに振舞われるお神酒が、

平皿にちょびっとだけしかもらえないからか

いつもとてもおいしくて、

おかわりしそうになります。

が、今日巫女さんに銘柄をきいてみたところ、

こんなことを聞く人ははじめてだという様子で

バタバタと奥に走り、銘柄は

「地酒」といいます。

それって銘柄?って思いましたが

あとから酒屋に行ったらたしかに「地酒」ありました。

720ml 650円也。やすっ

もち米などが入っているみたい。

夕ご飯に、ばあちゃんのお煮しめといっしょに飲もうかな。

つづきをよむ