漢方と薬膳料理

気温は低いけど、ぽかぽかで元気です!

そのわけは、たぶん最近はまっている漢方と薬膳料理。

健康オタクなので、理論や大枠は知っていますが、

陰陽論と五行説が、いくら勉強しても意味がわからなくて、

先日専門家にちょろっと教えていただいて、わからなかったことがようやくわかりました。

とっても奥深くて、理にかなっていて、信じられる方法論だと思います。

例えば、秋は「金」(お金じゃなくて金属の意味)の季節で、

夏の「火」のダメージが出やすかったり、

肺の調子を崩しやすく、対応する喜怒哀楽の「悲」がでやすくて、

辛いものを食べたくなる、とか。

先生に調合いただいた薬膳のもとがすごく効果覿面だったので、

さっそくおなじもの(10種類ぐらい)を購入してみました。

早く調合したくてうずうずしています!

もっと勉強したら、みなさまにも季節にあったおもてなし薬膳茶など、

ふるまいたいな〜と思っています。

つづきをよむ

安心のキット

そういえば、連れがインド1日目にものもらいか感染か?で、

目がお岩さんのようになってしまいました。

旅中に起こり得るだいたいの症状(ケガ、食あたり、車酔い、頭痛、便秘、風邪、事故、イライラ、むくみ、興奮しすぎ、時差ぼけなど)を網羅できる
ホメオパシーの自宅用キットを持っていっていたので、

該当のレメディ Staphysagriaを摂ってもらったら、
翌朝にはほとんど治ってしまいました。

すごく助かったしよく効くので驚きました。

普段からできるだけ病院の世話にはならず、
自然治癒力とホメオパシーでなんとかしている自分ですが、

なにかあればすぐに担当のホメオパスに連絡して、
どのレメディを摂れば良いか聞けるのがすごく心強いです。

お世話になっているのは、京都・丸太町のエルマー・ヴァインマイヤーさん
HPのコラムもとても興味深くて、
ホメオパシーを知らない人でも楽しめると思います。

キットは見た目もかっこよくて気に入っています。

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.