島生活に切り替えるにあたって、

お試しで2週間弱の滞在をしてました。

今回感じたことを忘れないうちに記しておきます。

・普段は騒音の中にいる

・空気がおいしいと呼吸が深くなる

・夜はまっくらで、室内は暗めの間接照明だからか、22時には眠くなって、朝6時前に目が覚める

・朝日がきれいな感じになると、目が覚める

・起きてぼやぼやの頭で、お水とヨガマットを持ってビーチにいく毎日。
 ヨガマットで動きたいように動くだけでストイックにはやらない。
 吹く風や木漏れ日、波の音に集中するだけで超至福!
 1日で一番好きな時間。

・9時ぐらいまで好きにビーチで過ごしてから仕事をする。ありあまる自由な時間

・全体的におなかが空かない。毎食ごはんのことを考えるのが苦痛。

・家のことをやって汗だくになって働いた時の空腹感がきもちいい

・外に活字がゼロ。受動的な情報は一切ない。

・用事がない

・用事は荷物の発送と受け取りがメイン

・ビーチに折り畳みテーブルとチェアを出して、かわいいテーブルクロスをひいて、好きなお茶をポットに詰めて仕事をするのが幸せ。右脳を使う。

・視界を低くすると様々な生き物がいる

・そうじは掃除機より、床に視線がちゃんといく拭き掃除がきれいになる。しずかなのもいい。

・自由でもダラダラするのは好きじゃない。

・有意義に過ごすための工夫がいる。
ex)やりたいことリスト、時間割、料理を想定した買い物、短期的な目標の設定

・夕暮れがとてもきれい。この時間を最高に過ごすための時間割を作るといい。

・ホットドリンクのレシピを増やしたい。

・料理が面倒

・露天風呂は秋が最高。少しでも寒いと地獄。

・買いだめしすぎはしんどい。

・パートナーの悪いところに目がいきやすい。離れる時間が必要

・音楽がなくても虫の声で満足

・ものが多いと動きにくい。たくさんのものは本当にいらない。買い物したい場合は同じ数を処分する。

・美しい布の威力は莫大

・いつもより猫がかわいい。興味が150%アップしている

・みたい映画をストックしておく。

・キャンドルの明かりでゆったりと過ごす夜に必要なものを用意しておく。(生ハム、マッサージオイル、おいしいチーズ、ノートなど)

・絵を描く習慣ができやすい。毎日ちょっとづつでも続けたい。これが何かに繋がる気がする。

つづきをよむ