今日は、マスクをソメソメする日。

発売してはすぐに完売、の今年、

マスクはたくさんの数が必要なので、

だいぶ量産の技術をあげさせていただけました。

こんなときにニュアラを始められたこと、

とてもラッキーでありがたいです。

オンラインストアでは染めキットもとても人気だし、

みなさん興味を持って頂いているのだな〜と伝わってきます。

今売っているリンネルで、

ニュアラのことをご紹介いただきました。

地球のために自分たちができることというテーマで、

モデルのTaraさんの初連載のページです。

Taraさんは元バレリーナで、

撮影の時はミントの焼き菓子を作ってきてくれて、

ふわんと白くはかない妖精のような方。

自分なりにできることを、このページで継続的に紹介されていくようです。

東京のスタジオに染め道具を持参して、

レクチャーしたり、ライターさんにニュアラのことを説明したり、

撮影現場はとても楽しかったです。

うちのタイトな撮影とは大違いで、

和気藹々とのんびりした雰囲気。

リンネル10月号 わたしと地球に心地よい暮らし(Taraさん)

リンネル10月号 わたしと地球に心地よい暮らし(Taraさん)

ニュアラの染めをご紹介いただきました。

リンネル10月号 わたしと地球に心地よい暮らし(Taraさん)

タラさんとわたし。ニュアラのマスクで

こういうことって、

地球のため、というよりは

自分が心地いいことを注意深く観察して見つけていくと、

自然にこういうセレクトになっていた、ということが多いと思います。

たとえば、気づけば使っているのはオーガニックコスメばかりですが、

環境のためというよりも、

香りが自然で心地良かったり、

肌にべとーっと強く張り付く感じがなかったり、

とか、

製品として単に好き、という部分が大きいです。

パッケージデザインも、

綺麗すぎるシンプルなものより、ちょっとクセのあるものが多いですし。

お野菜を届けてもらっているのもそうで、

環境のため、健康のため、というよりは

食べた時の感動が大きくて、

生活が豊かになるからそれを買っています。

安さ、とか

便利さ、

ではない価値の測り方に、

今後の製品やサービスの伸びしろがあると思います。

そういうことを考えていると、

今現在ない製品やサービスの可能性を感じて、

楽しくなってしまいますね!

つづきをよむ