石、漢方薬、ホメオパシー

このところ染料の研究をしています。

今思うと、

石、漢方薬、ホメオパシー、など

私が好きなものって、だいたい小瓶にちょっとづつ入ってて

種類が多い。

しかも、それが自然の地球のもので、ひとつづつ個性があるっていうのに惹かれます。

ホメオパシーなんて、まさに標本みたいに、

この世にある物質をほぼなくなるまで希釈した物質をずらっと並べていて、

しかも効能がすごくて(突発性難聴も膀胱炎も帯状疱疹も一瞬で治った!)

「精巧」で哲学的で、

深淵な叡智って感じます。

ホメオパシーのでレメディ

ホメオパシーのでレメディ

身近な植物も、染料として瓶にコレクションしはじめるんだろうなあ。

ちなみに、漢方薬と染料は植物が被っていることが多くて、

飲んで効く薬の効能を身に纏うということから布を染めたのだとか。

見て美しく、着て何かしら効果があるなんて、

とってもすてきだな〜と思います。

つづきをよむ

漢方と薬膳料理

気温は低いけど、ぽかぽかで元気です!

そのわけは、たぶん最近はまっている漢方と薬膳料理。

健康オタクなので、理論や大枠は知っていますが、

陰陽論と五行説が、いくら勉強しても意味がわからなくて、

先日専門家にちょろっと教えていただいて、わからなかったことがようやくわかりました。

とっても奥深くて、理にかなっていて、信じられる方法論だと思います。

例えば、秋は「金」(お金じゃなくて金属の意味)の季節で、

夏の「火」のダメージが出やすかったり、

肺の調子を崩しやすく、対応する喜怒哀楽の「悲」がでやすくて、

辛いものを食べたくなる、とか。

先生に調合いただいた薬膳のもとがすごく効果覿面だったので、

さっそくおなじもの(10種類ぐらい)を購入してみました。

早く調合したくてうずうずしています!

もっと勉強したら、みなさまにも季節にあったおもてなし薬膳茶など、

ふるまいたいな〜と思っています。

つづきをよむ

© rutile All Rights Reserved.

© rutile All Rights Reserved.